田中郁子さんの『夢again』

最近、希望というか勇気をいただいた!と強く思えたことがありました。
職業訓練校で教えていたり、イベントに出かけたり、気について勉強したりしている中で、おかげさまで、今年もたくさんの方とお会いすることができたのですが、その中のお一人、田中郁子さんという方との出逢いがあってのことです。 続きを読む 田中郁子さんの『夢again』


昭和歌謡あれこれ

私、ジャンルを問わず、歌が大好きです。
今年3月のマイブームは、太田裕美さんでした。ベストアルバムを借りて、カラオケで、うちでも外でもよく歌ってました。
あの歌声のかわいらしさを超えるアイドルは、私の中ではいまだいません。
(あ~、キャンディーズのランちゃんはちょっとそそるし、マクロスの中島愛ちゃんもかわいい声だわ。)
それにしても、昭和歌謡は素晴らしいですよ~。よくできてるんです、詩もメロディーも!

続きを読む 昭和歌謡あれこれ


映画『ソーシャル・ネットワーク』は、とにかくスピードだ!

先日、映画『ソーシャル・ネットワーク』を観て参りました。

ずっと前に気になって以来、忘れかけていたところに、職場の方からお誘いがあり行ってきたのですが、この映画、凄いことになっていたのですね。 続きを読む 映画『ソーシャル・ネットワーク』は、とにかくスピードだ!


芸術、音楽・・・人生で大切なもの

先日、職場の方がライブに出演されるというので、行って参りました。

「TENSAW」という日本の昔のロックバンドのコピーをしている「TENSION」というバンドでした。
音はハード系なので、ライブの熱~い空気がとっても気持ち良かったです。 続きを読む 芸術、音楽・・・人生で大切なもの


落ちてゆく写真

前回の記事は、iPhoneからの初投稿のテストのためのものでしたが、実は、国立新美術館の『オルセー美術館展2010「ポスト印象派」』で買ってきた、ゴッホの『星降る夜』の絵を飾るにあたって、既に壁に飾ってあった写真も一新したので、その記念の意味もあったのでした。

とても慎重に配置して、1ミリの狂いも無い直線的なレイアウトに仕上げて飾ったのでした。(→前回の記事

・・・

続きを読む 落ちてゆく写真


そして、『ソラニン』・・・。-宮崎あおいちゃんの歌をまた聴きたい・・・-

今回も映画のお話です。今度は『ソラニン』です。観たのは一か月以上も前なんですが。
3月に試写会がありまして、娘と2人で行ってまいりました。 続きを読む そして、『ソラニン』・・・。-宮崎あおいちゃんの歌をまた聴きたい・・・-


今度は『アリス・イン・ワンダーランド』をIMAXで

この間の週末に、またまた川崎のIMAXシアターへ、今度はアリス・イン・ワンダーランドを観に行ってまいりました。

前回、川崎の「109シネマズ川崎」に、『AVATAR』を観に行った時のことは、こちらの記事(『『AVATAR』をIMAXで見る理由(ワケ)』)で触れましたが、IMAXはあれ以来のほぼ2カ月ぶりです。 続きを読む 今度は『アリス・イン・ワンダーランド』をIMAXで


『AVATAR』をIMAXで見る理由(ワケ)

先日、観た人がほぼ全員余りにも絶賛するので、『AVATAR』を観に行って参りました。
比較的近い新宿の映画館ではなく、敢えて川崎の「109シネマズ川崎」という映画館まで。

何故かというと、それは・・・。 続きを読む 『AVATAR』をIMAXで見る理由(ワケ)


久々のTSUTAYA

数年前から、ずっと観たいと思っていた映画がありました。
以前にビデオを借りて観たのですが、またそろそろ観たくなっていたのです。
私が数年お世話になっています、楽天レンタルに登場してくれたら、即借りるつもりでいたのですが、なかなか出てきてくれません。

が、昨年末、コルテオを観に行って、どうしても今その映画を観たくなってしまいました。 続きを読む 久々のTSUTAYA


インディーズ・アーティストの音楽が広まるには

今回は、当ブログ作成に至る経緯の続きをお話したかったのですが、なぜか、それより先に、これを書きたい!という気持ちが湧きあがってしまったので、今日は、私の大好きな音楽の話をさせていただきます。

私は、音楽好きが高じて、2006年~2009年の間、途中、お休み期間はありましたが、インディーズ音楽配信携帯サイトの運営をさせていただいてました。
当時は、それまでよく聴いていたヨーロッパ、南アメリカ、日本、米国のメジャーソングを聴く暇も無いほど、毎日が国内外のインディーズ音楽漬けの日々でした。
まあ多種多様なアーティストの方々がそれぞれの音楽を追求されてるわけですが、その中でも、特に光るものを感じる方々に出会えたりすると、一人興奮しながらサイト更新をし、気合いを入れて紹介したりしていたものでした。 続きを読む インディーズ・アーティストの音楽が広まるには