落ちてゆく写真

前回の記事は、iPhoneからの初投稿のテストのためのものでしたが、実は、国立新美術館の『オルセー美術館展2010「ポスト印象派」』で買ってきた、ゴッホの『星降る夜』の絵を飾るにあたって、既に壁に飾ってあった写真も一新したので、その記念の意味もあったのでした。

とても慎重に配置して、1ミリの狂いも無い直線的なレイアウトに仕上げて飾ったのでした。(→前回の記事

・・・

が、数日経ったら、こんなことに・・・。

写真の裏にはScotch社の『はってはがせる両面テープ』を貼って、IKEAで買ったフレームの下地のグレーの紙にしっかり固定しました。

なのに・・・。なぜ・・・。

はってはがせる系のテープじゃないと、写真を変えたくなって剥がす時に、グレーの紙が破れてしまう。でも、今使ってるテープは粘着力が弱すぎるようだ・・・。
というわけで、近所の文房具屋さんに、もっと強力なはってはがせる系の両面テープが無いか探しに行ったら、見事に無いと言われてしまいました。

IKEAのフレームは、中をいじるのがちょっと面倒なので、レイアウト作業は、何度もやりたい作業じゃありません。
写真が落ちないように、でも、何度も写真やレイアウトを自由に変えられる「良い方法」を、ここ数日、日々落ちていく写真を目にしながら考えているのですが、これといった名案が浮びません・・・。

皆さん、こんな時、どうしているのでしょうねぇ。
って、こんな時というのが、限定的過ぎて、ネットで調べる気がいまひとつ起きません。

でも、このまま落ちていく写真を放置するわけにはいかないので、調べるか、近々東急ハンズにでも行って、良い方法を探ってくるとか、しませんとねぇ・・・。

と、こんな記事を書く時間があったら、ネットで調べるのがいいのでしょうね。

【よく読まれている記事】


【関連するかもしれない記事】


“落ちてゆく写真” への2件のフィードバック

  1. イギリスにBLUE TUCKだったかな?って言う粘土みたいなのがある。

    それを紙にくつけてポスターなどを貼る。

    テープと違って若干膨らむけど・・・
    よかったら、今度少し持っていこうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。