芸術、音楽・・・人生で大切なもの

先日、職場の方がライブに出演されるというので、行って参りました。

「TENSAW」という日本の昔のロックバンドのコピーをしている「TENSION」というバンドでした。
音はハード系なので、ライブの熱~い空気がとっても気持ち良かったです。

その先生、職場では面白くてクールかつ知的な感じの方なのですが、ステージ上では激しく情熱的ではじけていて、見ているこちらも楽しく嬉しい気持ちになりました。

バンド「TENSION」の写真
横浜のバンド「TENSION」

やっぱり、仕事以外に、趣味を持つのって素敵ですね~。
しかも、人に感動を与えられる趣味は、なおさら素晴らしいです。

そういえば、スピリチュアル系の本には、人生で大切なことの項目に、「芸術」や「音楽」がよく入っていたのを思い出しました。

芸術家のインスピレーションというのは、実は神様が、多くの人にメッセージを与えたい時に、それをやってくれる人にアイデアを与えてくれているものなのだとか。
つまり、映画や音楽、アート作品などは、アーティストを介して私達に与えられる、神様からのメッセージや贈り物なのです。
それを観るということは、神様のご加護の内に身をゆだねることとでもいいましょうか。

うさんくさいですか・・・。
では、神様ではなくて、宇宙人とか、他の高度な文明の生命体でもよいかもしれません。
余計にうさんくさいですか。ハッハッハ。すみません、うさんくさくて。

ただ、私は、身の回りに、神様だとか、宇宙人さん、指導霊さん、天使さんといった、人間ではない生命体に遭遇したとか話しをしたとかいう方が増えてきているので、そんなもんだろう、と素直に受け入れられてしまうのです。
その方が、昨今の地球上で起きている様々な出来事も、理解しやすいのです。

そういうわけで、忙しくなると芸術に触れる余裕が無くなりがちなんですが、そんな時こそ敢えて時間を作って、映画を観たり、音楽を聴いたり、アート作品を観たりと、私達を見守ってくれている存在からの愛に包まれてしまおう!というわけです。
実際、やること増やして疲れた~とか、行かなきゃ良かった~なんてことは記憶にありませんし~。

【よく読まれている記事】


【関連するかもしれない記事】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。