ヒューマンヘルス研究所の阪口由美子先生

前回の記事『気や波動を学ぶ教室-愛茶気道という教室』の気の教室は、先生も素晴らしい方ですが、そこに集まる生徒さんも、不思議な力を持った方や、素敵な方がいらっしゃいます。
少し前の記事『1ヶ月で3キロ減達成!』のヒューマンヘルス研究所の阪口由美子先生も生徒さんの一人なのですが、この方もまた愛のかたまりのような方で、私は勝手ながら「健康の師匠」と仰がせていただいてます。

先日、その阪口先生が、お仕事で、ある企業の担当者の方とやり取りをしていたら、その方がやりとりの内容をエッセイにしてくださったとかで、私にもそのエッセイを見せてくださいました。

ヤル気が出そうで、元気もになれそうな素晴らしいことが書かれていましたので、ここに紹介させていただくことにします。

平成23年1月6日

阪口由美子さんからのメッセージ

「笑顔でいることの大切さ」

自分以外の人のことは、決して他人ごとではないのです。
1人の落ち込んだ人を、助けるためには、3人のめちゃめちゃ元気な人が必要です。だから、中ぐらいの元気さの家庭で、1人が引きこもってしまうと、数ヶ月後には、その家全体が暗くなってしまいます。地球には重力があるため、人のネガティブな意識の力は計り知れなく大きいのです。
だから、1人の弱った人を他人ごとと思って放っておくと、知らず知らずのうちに、自分の周りが地盤沈下しだすのです。

自殺者の増加もしかりです。
死にたいほど思いつめた人の意識は、必ず周りの少し弱った人に影響を与えています。

だからこそ、常に心して、自分が元気でいること。関わりあう人全てに温かい態度で接することが大切なのです。

家族の幸せ、友人の幸せ、仕事で関わる人の幸せ、日本の幸せ、世界の幸せのためにと、自分のことよりも人の幸せを大事にできる人たちが手を取り合えば、強力なパワーが発揮できます。

無財で、誰にでもすぐできること・・・
それは「あたたかい微笑みでいつもいること」
この殺伐とした社会をよりよくしていくためには、そんな些細なことの積み重ねが大切なのです。

平成23年1月7日

阪口由美子さんからのメッセージ

「個性を生かす」

私たちはみんな100万人に1人と言えるほどの特別な個性を持って生まれてきています。
その個性を生かし、他者やこの世をよりよいものにする仕事をするために、地球にやってきました。
平凡な人や、普通の人などこの世には存在しません。
その人が自分の事をそう思った時のみ、平凡な人や、普通の人になってしまうのです。

そして、人は、自分の個性を生かして、心からこの世に来た使命を自覚して働いている時には、天からのパワーが入ってきます。
だから不思議と疲れません。と言ってもやり過ぎはいけませんから、時に自分の身体を労わり、休養を取ることも大切です。

人が輝いて生きるためには、自分の使命をはっきりと理解する必要があります。
そのお手伝いをするためのセラピーもさせていただいています。
健康と幸福のサポートをさせていただくことが私の使命だと思っています。

【よく読まれている記事】


【関連するかもしれない記事】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。