気や波動を学ぶ教室-愛茶気道という教室

以前、当ブログの記事『好奇心と真理』でも書きましたように、私は、幼い頃から、不思議な現象とかお話しが好きで、自分の身には不思議なことは起こったことはないのに、大抵の不思議話しは自然に受け入れます。

2007年に、母が胸水が溜まり、末期がんだと言われた時も、私を含め周りの者は、治すことだけを考えて、がんが治ったとか治したとかいう本やネット情報を読み漁りました。
そうしているうちに、自分が知っていることはこの世の中のまだまだほんの一部にすぎないということに気づき、科学では解明されていないけれど、明らかに存在している「気」や「波動」といったものに、改めて強く感心を持つようになりました。

(母はその後、術後の病理検査で、ガンではないが、悪性に近い境界型悪性腫瘍の一つである顆粒膜細胞腫という卵巣の病気だとわかりました。お医者様には抗がん剤治療を強くすすめられましたが、私達が伝えた情報や本人も色々勉強したことから考慮した結果、食事や生活内容などの改善をしながら自宅療養をすることに決め、現在も特になんの治療も受けていませんが、元気で暮らしています。)

私はその後も健康の本やスピリチュアル系の本などをたくさん読み、本で知識を得るだけじゃなく、肌で実感したいと思うようになっていました。
そんなところにちょうど、子供の幼稚園時代のママ友が、気だとか波動について体で体験させてくれそうな教室を開いているということがわかり、行ってみることにしました。2009年の9月のことでした。

そこは『愛茶気道』という名前の、気の教室です。何故、「茶」なのかは、そのうちに書かせていただくとして・・・、この先生(ママ友)は、合気道を極め、気や波動がわかるようになり、気や波動のことをもっと多くの人に気軽に知ってもらい、多くの人に健康で幸せになってもらいたいという気持ちから、この教室を始めたそうです。
ですので、私は、この教室について人に説明する時、ソフト合気道という言い方をさせてもらってます。

で、この教室、とても興味深い内容でして、毎回素晴らしいことを体験できます。
目に見えない気や波動を本当に肌で実感でき、いつも感動の連続です。
私はそれほど時間を作れないので、だいたい月に1回ですが、行くたびに心が洗われてリフレッシュできる気がするので、通い続けています。

例えば、先月ちょうど、波動について、とてもわかりやすい実習をしました。
自分が選ぶものが、自分に合っているかどうかを、調べる方法です。
その日は、自分が買ったアクセサリーが、自分の波動に合っているかどうかを調べました。

調べ方は・・・
まず両足を10センチくらい離し、地に足がしっかりついた状態で立ってみて、調べたい物を持たない時と持った時とで、地面への足の吸着具合を感じてみる、それだけです。
波動が良いものなら、持った時の方が、足が地面にぴったりくっつくような感覚なのですが、波動が良いものでない時は、足がフワッと浮いてしまうような感じがするのです。

明らかに波動が良いものを持ってみて、その感覚を覚えておくと、確実に分かりやすいとのことです。
教室では、ある特別なお茶を用いて、それを持った時の感覚を良い状態として目安にしています。
波動がよいものがどんなものかわからない場合は、玄米などよいかもしれません。今度、先生に確認してみたいと思います。
不思議なことに、これをしてみると、足の地面へのくっつき具合がちゃんと変わるので、買い物などで迷った時は参考にしています。

ご興味のある方はぜひやってみてください~。

【よく読まれている記事】


【関連するかもしれない記事】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。